坂本よしたか徹底解析「イーサリアムクラシックの特徴と今後」

イーサリアムから分裂した仮想通貨イーサリアムクラシックは何が本家とは違うのかまとめました。

坂本よしたかです。仮想通貨初心者の方はイーサリアムクラシック?イーサリアム?何が違うの?っとなったかもしれません。

全く別の通貨であるという認識を持ってください。

イーサリアムクラシックは、2016年に起きたTHE DAOのハッキング事件がきっかけとなって生み出されました。

ハッキングによって盗まれたイーサリアムを無効にするため、イーサリアム陣営が強制的に新しいルールを作成しました。

この行為自体は世論からも素早い対応と称賛されましたが、これに反対する人たちも少なくありませんでした。

運営陣に異論を持つ技術者たちが新たに開発したのがイーサリアムクラシックです。

中央に権限を集中させない前提だったイーサリアムの考えを継ぎ、運営者が大きな権限を持たないという特徴を持っています。

しかし、開発者はイーサリアムの関係者ということで、基本的なシステムは非常に似た特徴を持っているとも言えます。

イーサリアムクラシックは、ブロックチェーンにプログラムを書き込めるスマートコントラクト技術が使われています。

このスマートコントラクトとブロックチェーンの利用により、契約や決済などの不正防止になります。

また、分散型プラットフォームを使用しているため第三者の介入を必要としません。

これによってイーサリアムが元々目指していた非中央集権型の金融システムが実現するということです。

イーサリアムクラシックの開発当初は、すぐに消えてしまう通貨とも言われていました。

しかし、大手取引所でも取引されるようになると、イーサリアムとは違う独自の通貨として認められるようになりました。

イーサリアムクラシックはイーサリアムと、もとは同じ通貨ということもあり、価格帯もイーサリアムと相関関係にありました。

当初は開発者のほとんどがイーサリアムに移ってしまったため、イーサリアムクラシックはイーサリアムの下位互換の通貨として見られていました。

しかし、今では開発も順調に進んでいることから安全性やセキュリティを重視するイーサリアムクラシックを利用したプロジェクトやICOを計画している企業も存在します。

またEmeraldプロジェクトと呼ばれるイーサリアムクラシックの開発者によるプロジェクトも着実に進行し、今後のさらなる発展が期待されています。

今後の動向を見ておくべき通貨であると坂本よしたかは考えております。

今回の記事は以上になります。
仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です