ティザー(USDT)を知らないあなたは仮想通貨情報弱者です

坂本よしたかです。仮想通貨は価格変動が激しいのが一般的ですが、その中においてティザーは価格変動の少ない仮想通貨と言われています。

ここではティザーの特徴や、なぜ価格変動が抑えられているのかなどについて徹底解説いたします。

ティザーは日本語表記ではティーザー、テザー、ティザーなど様々な表記をされます。

通貨コードはUSDTで運営母体はTether Limitedです。

プロジェクト公開は2014年、その後2015年に海外取引所において上場されますが2018年時点で国内では購入できません。

Tetherは仮想通貨でありながら、日本円やドルなどの法定通貨とほぼ連動した価値を持つと言われています。

このため、仮想通貨売買での基軸通貨の非中央集権を貫く仮想通貨が多い中で、Tetherは中央集権的と評されます。

大幅な価格変動が抑えられ、法定通貨と同等の仮想通貨が購入できるという点でのメリットは大きいでしょう。

しかし、中央であるTether Limitedの破綻によってTetherプロジェクト自体が消滅する可能性も考えられます。

また、Tether Limitedによる不正を防ぐ方法はないと、考える投資家も少なくありません。

さらに法定通貨とほぼ連動していますが、仮想通貨市場の動向に左右される部分も残しています。

そのため、法定通貨の動きとともに仮想通貨市場の動向にも注意が必要です。

Tetherはブロックチェーンを利用したプラットフォームのOmniで、トークンとして発行されます。

ブロックチェーンを利用しているため、取引の安全性については保障されていると言えるでしょう。

また、国をまたぐ送金に置いて手数料が安く抑えられるというメリットもあります。

法定通貨と引き換えに発行される効果ということで、資産としての安定性はあります。

しかし、逆に言えば大きく値上がりするという期待もできないということです。

ティザーのパートナー取引所がドルの入出金を停止した際には、ティザーの信頼性にも疑問が持たれました。
基軸通貨としての更なる安定性が、将来性を左右すると言っても良さそうです。

ティザーについは、投資目的であればお勧めできる仮想通貨とは言えません。

しかし、安定した価格で仮想通貨を保有したいというのであれば検討の余地はあるのではと思います。

今回の記事は以上になります。
仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です