リスクのハードフォークによって誕生した仮想通貨アークの特徴

坂本よしたかです。仮想通貨が日常的に使えるまでには少し時間がかかりそうですが、それを目指して開発されたのがアークです。

アークはリスクのハードフォークによって2017年に生まれた仮想通貨です。

ハードフォークの説明についてはこちらをご確認ください。

ここでは、法定通貨と同じように利用できる理想的な仮想通貨と言われるアークの情報をわかりやすくまとめました。

基盤となったリスクについても将来性が高いと評されているだけに、アークについてもすでに注目が集まっています。

もちろんアークとリスクには似た部分も多くありますが、アークにしかない特徴もたくさんあります。

リスクで生じていた不具合などについては、アークでほとんどが改善されたと言って過言ではありません。

特にトランザクションの高速化が図られたことは、アークが日常的に使える仮想通貨であるという証明にもなります。

送金詰まりなどの不安なく使えるということで、投資目的でも利用目的でも便利な仮想通貨の一つです。

アークの最大の特徴はSmart Bridgeと呼ばれる技術です。

これはブロックチェーン同士を接続し、他の仮想通貨と情報の受け渡しをする技術と考えるとわかりやすいでしょう。

基盤となったLiskとアークを繋げるだけでなく、他の仮想通貨とのネットワークを作ることもできます。

仮想通貨が支払いに利用できるようになった時、ブリッジの役割を果たすアークの存在が重要な位置を占めることになります。

またマイニングや、ブロックの承認を一部の人や企業が独占するのを防ぐためDPoSが採用されています。

取引の承認を公平に行い、権力の集中を避けるためにもこうした投票システムの分散化は有効な方法で注目されています。

仮想通貨を日常的な買い物などの支払いや決済に利用するという動きはすでに始まっています。

ただ、様々な仮想通貨を自由にどこででも利用できるという域にまでは達していません。
アークが広まることで、仮想通貨の日常的な利用が飛躍的に推進されると考える人は多いようです。

そういった点では、将来性の高い仮想通貨の一つと言えるでしょう。

アークは実用性を高めることを目指して作られているため、一般の人にも興味を持ってもらえる通貨と言えます。

将来的に仮想通貨での支払いや決済を考えているのであれば、保有しておくのも良いかもしれません。

今後もリスクの動向と合わせてチェックしておくべきですね。

今回の記事は以上になります。
仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です