坂本よしたか徹底解析「ジーキャッシュの特徴」

仮想通貨の真骨頂匿名化に特化したジーキャッシュの特徴について解説

坂本よしたかです。仮想通貨は匿名性の高い取引が可能な通貨がいくつかありますがジーキャッシュ(Zcash)もその一つです。
これから匿名性の高い取引が可能なことはいろいろと必要なことになってくると思うので是非勉強しておきましょう!

ジーキャッシュの特徴である匿名性の高さを支える技術および、将来性について詳しく説明します。

仮想通貨の取引は、ほとんど値段がつかないと言える金額からスタートするのが普通です。

しかし、ジーキャッシュは取引開始早々数十万円の値が付いたことでも話題を呼びました。

これは開発段階からジーキャッシュに用いられている技術に注目が集まっていたことが理由と考えられます。

また、ジーキャッシュの開発者にはゼロ知識認証研究の第一人者が名を連ねています。

さらにアドバイザーにはイーサリアムの提唱者、ステークホルダーにはビットコインの第一人者がいます。

ジーキャッシュの匿名性は、ゼロ知識証明によるシールドトランザクションで実現されています。

この技術を使えば、誰が誰にいくら送金したのかというデータを第三者に隠した状態で取引が可能です。

ブロックチェーン上に情報が公開されていなくても、第三者が取引の正当性を承認することができます。

普通は証明したい事実があれば、情報を明らかにする必要があります。

しかし、ゼロ知識証明の活用によって大元の情報を明かさずに正当性を認めさせることができるという訳です。

ただし、匿名性の高さから闇市場で利用される危険性もあるのは事実です。

悪用されることを考えると規制対象になる可能性はゼロではありません。

ジーキャッシュでは今後も様々なアップデートを予定しており、それに対する対応への期待も高まっています。

上場してすぐの勢いほどではないものの、現在も一定の価格を維持しており大暴落する危険はないと考えられています。

ただ、高い匿名性を保つためにスケーラビリティ問題を抱えているとも言われているようです。

データ容量が圧迫される匿名性の高い取引が特徴なだけに、問題の解決が図られるかどうかが重要です。

ジーキャッシュの利用範囲が広まれば、安全な取引が確立できそうです。

今後の伸びを期待する声も多いので将来性の高い通貨であることは確かではないでしょうか。

今回の記事は以上になります。
仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です