坂本よしたか徹底解析「アイオータの特徴」

坂本よしたかです。大企業が次々と提携発表しているアイオータとはどんな仮想通貨なのか、徹底的に解説します。

アイオータは膨大な発行量が予定されているアイオータは独自の技術を使用していることで注目される仮想通貨です。

アイオータの開発は、2016年7月なので仮想通貨としては後発と言える部類でもあります。

ブロックチェーンを使用していない唯一の仮想通貨、総発行量2800兆枚という点で注目を集めました。

アイオータに使われているのはTangleというシステムです。

ブロックチェーンと同じく分散型ではあるものの、ブロック同士が繋がっていないため負荷が軽減されます。

これによって大量の処理が瞬時に行えるようになり、データ送信によるコストも削減できるようになります。

アイオータのシステムを利用すれば、少額の決済や支払いに多額の手数料を支払う必要もなくなるということです。

アイオータのTangleでは不特定多数のマイナーが存在しません。

取引の承認を行うのは取引する人で、自分が行う2つ前と1つ前の取引の承認を行う仕組みです。

承認を行う人のネットワークが網目状に広がっていくイメージと言えます。

これによってトランザクションの負荷が一気に大きくなることも、それによる承認の遅れも防げます。
またマイナーが存在しないため、マイニングの手数料が発生しないというのもアイオータの大きな特徴と言えるでしょう。

アイオータの価格は2017年12月に高騰しましたが、これは大手企業との提携を発表したことが理由とされています。

まだ、実用化には至っていないもののIT業界最大手企業との提携が価格を押し上げたのは間違いなさそうです。

企業としてはアイオータの技術を市場に定着させることで決済を安く、容易にするというメリットがあります。

アイオータは台北市と組んでスマートシティというプロジェクトのテストを行なっております。

これは住民の身分盗用や不正投票防止、医療記録データ保護などの観点から、市民カードをTangleIDに結びつける台北市の気概あるプロジェクトのテストを行うそうです。

今後、実用化が進めばIOTAの価格もますます上昇していくのではないかと考えられています。

アイオータは仮想通貨の課題であるセキュリティ対策でも優れていると評価されているようです。

開発されてからの期間が短くバグなどの危険性も指摘されていますが、それも時間とともに明らかになるはずです。

独自の技術を使用しているだけに、予測不可能なバグや攻撃を受ける可能性があるという点は覚えておきましょう。

アイオータは時価総額の大きさや提携企業など様々な点で注目に値する仮想通貨です。

今回の記事は以上になります。
仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です