古株バイトコインの特徴と将来性

坂本よしたかです。本日は一部の根強いファンに支えられるバイトコインについてまとめました。

バイトコインは、高い匿名性が特徴として挙げられる仮想通貨の一つです。
さらに個人情報流出のリスクを減らせる以外にも様々な特長を持つ仮想通貨です。

バイトコインは2012年に公開されており、仮想通貨市場が注目を集めるかなり以前から存在していました。

通貨単位はBCN、発行上限数は1884億7000万枚とされています。

また、匿名性の高い仮想通貨の草分け的存在でもあるためバイトコインを元にして作られた仮想通貨もいくつか流通しています。

取引の認証にはPoWが使用されているため、処理スピードが早いのも特徴の一つです。

さらに一部のコインでは、個人レベルで行うのが難しくなったマイニングも一般的なパソコンで行えるという特徴も持っています。

ハッキングにも強くどのような攻撃にも耐えうる強固なセキュリティを誇るため、安心して保有できる通貨とも言えます。

バイトコインのアルゴリズムには、クリプトナイト(CryptoNight)と呼ばれるアルゴリズムが利用されています。

クリプトナイトには4つの技術が使われており、これら全てによって匿名性の高さが維持できています。

1つのトランザクションに複数の送信者が関わることで、送信元をわからなくするリング署名もその技術の一つです。

また、ワンタイムキーやキーイメージといった技術では匿名性を高めるだけでなく、二重支出を防ぐことも可能です。

バイトコインのブロックチェーンは、1本の鎖ではなくツリー状に構成されます。

そのため取引の情報を追跡するのは非常に困難です。

ブロックチェーン分析抵抗と呼ばれる技術によっても、バイトコインの匿名性が守られていることになります。

バイトコインには、他の仮想通貨にないメリットが数多くあります。

そのため、将来的に有望な仮想通貨だと見る投資家や有識者は少なくありません。

ただ、匿名性の高い仮想通貨全般に言えることですが国によっては規制が入ることもあります。

マネーロンダリングに使われたという疑惑をもたれれば、すぐに取引ができなくなる可能性もあるでしょう。

バイトコインの匿名性の高さは大きなメリットでもありますが、同時にリスクにもなり得るということです。

マイニングが容易にでき、個人情報も守られるということでバイトコインは根強い人気を誇る仮想通貨です。

しかし、これまで匿名性の高さが問題として取り上げられたこともあるため、各国の規制については情報収集が欠かせません。

今後の動向をチェックしておくべき面白い通貨と言えるのではないでしょうか。

今回の記事は以上になります。
仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です