SNSと関係性が深い仮想通貨スチームの特徴を徹底解説

坂本よしたかです。仮想通貨スチームはSNSと密接な関係を持っている変わり種の通貨です。このスチームの基本的な情報や将来性についての市場の見方などを、まとめてお伝えしていきます。

スチームはSNS上でのコミュニティ構築や、個別のやり取りによって報酬が得られるシステムです。

これまでは、SNSで活発に活動したとしても貢献が認められることはありませんでした。

それを報酬として形にすることで、NSのコミュニティ構築などに役立てるというのがスチームの理念です。

貢献度に応じてスチームがもらえるとなれば、活発な活動を促すことができコミュニティの質も向上します。

以前は時価総額でトップ10入りもしたほど注目を集めた通貨でもあり、将来性にも期待できそうです。

他にはないブロックチェーンのSNSという独自性にも、魅力を感じる人が多いと言えるでしょう。

実際にスチームで報酬を獲得するにはいくつかの方法があります。

作成したコンテンツをスチームで発信し、ユーザーから評価されればトークンが受け取れます。

受け取ったトークンは他の仮想通貨に交換可能で、もちろん法定通貨として手にすることも可能です。

優れたコンテンツに対して投票を行い、報酬を得ることもできます。

評価の高いコンテンツの作成者、それに投票した人のどちらも利益が得られます。

ブロックチェーンを利用しているため、システム障害によるコンテンツの消失などが発生しにくいのもスチームの特徴の一つです。

スチームは新しいビジネスモデルとして注目されましたが、変動が大きいというデメリットも持っています。

ただ、仮想通貨市場全体が変動の大きい状況では特別な懸念材料とも言えないでしょう。

また短期的な投資ではなく長期的な投資を募るため3種類の通貨を発行し、相場の変動に対応できるよう考えられています。

急騰で大儲けするというよりは、長期保有でじっくりと値上がりを待つタイプの投資家に向いている仮想通貨と言えそうです。

システムの仕組み上、先行者利益が大きいのもスチームのメリットであり、デメリットでもあります。

安く購入できる時期に大量に購入し、報酬と利子で利益を上げるのも一つの方法かもしれません。

SNSを利用して仮想通貨がもらえるというのは、ユーザーを増やすための良い方法と言えます。

コンテンツ作成者、利用者が増えるほどSNSとしても仮想通貨としての価値も上がっていきそうです。

これからより一層情報社会になるのでじわじわとですが伸びるだろうという見解です。

今回の記事は以上になります。
仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です