ごく一部しか知らない有望株的な仮想通貨ストラティスの特徴を徹底解剖

ごく一部しか知らない有望株的な仮想通貨ストラティスの特徴を徹底解剖

坂本よしたかです。今回はストラティスについて聞かれることがありましたので解説したいと思います。

ストラティスは有望株と言われながらも、日本での認知度が低い仮想通貨の一つです。つい最近まで知らない人ばかりで、なんでこんな有望な仮想通貨が認知度低いのか不思議なくらいです(笑)

そんなストラティスですが、仮想通貨を生活に浸透させるために大きな役割を担うと言われています。早速、全容をお伝えしますね。

仮想通貨に利用されているブロックチェーンは、世界全体の金融システムを変えると言われる画期的なシステムです。

しかし、仮想通貨の種類が増えても市場に浸透しないのは開発技術者の不足が原因と言われています。

独自の言語を使用して開発された仮想通貨は、他の仮想通貨に精通した技術者でも扱えません。

汎用性のあるブロックチェーンがあれば、技術者不足による仮想通貨の問題が打破できると言われ続けてきました。

それを実現したのがストラティスであり、世界中のプログラマーが精通しているC#言語が使われています。

これによって一般企業にも、ブロックチェーンが広まることが期待されています。

ストラティスに使われているのは、Stratis Blockchain as a serviceという独自のブロックチェーン技術です。

企業はこれを利用して、独自のアプリケーションを開発することもできます。

ストラティスの技術を企業に貸し出し、個別に展開して使えるようにする技術と言って良いのではないでしょうか。

一企業がブロックチェーンを使ったアプリケーションを最初から立ち上げるのは困難です。

しかし、ストラティスのサービスによってプライベートなブロックチェーンの構築も可能です。

ストラティスは仮想通貨ではあるものの、ビジネスソリューションの提供をメインに作られています。

開発言語が容易なことからストラティスはこれまでの仮想通貨に比べると、急速な発展を遂げています。

また、世界最大の取引所への上場、大手IT企業との提携などによっても注目を集めています。

仮想通貨市場全体が下げた頃にはストラティスも値を下げますが、一時は300倍にも値上がりしたことがある有望株です。

国内の仮想通貨取引所では取り扱いはありませんが、日本語対応可能な海外の取引所では購入できます。

ストラティス以外のアルトコインも多数取り扱っている取引所なので、口座を開設してみるのも良いかもしれません。

日本語での情報が少ないのがデメリットですが、ストラティス自体は信頼できる通貨と見て良さそうです。

将来性、利便性の高い仮想通貨への投資ならストラティスがお勧めという人は少なくありません。

安く購入できる時期に買っておくと良い通貨の一つと言えそうです。

今回の記事は以上になります。
仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です