坂本よしたかが考えるZCASH

坂本よしたかです。

匿名性の高い仮想通貨の中でも、独自の技術で注目を集めているのがZCASHです。世界最大の金融機関の一つJPモルガンとの提携で一気に価格が上昇しましたが、今後も大幅な値上がりが期待できるのでしょうか。

現在取引が国内でできるのはコインチェックだけで
海外ではBinance、HitBTC、Huobi、Bit-Z、Bitfinex、WEX、Poloniex、Bitterx、Krakenなどで取引できます。

取引開始直後から高値を付けたZCASHは、開発チームの有能さでも知られています。
匿名性を持たせるための機能であるゼロ知識証明の研究を行っていた大学教授などの、錚々たるメンバーが集められています。基本的な機能はビットコインとそれほど変わらないものの、ゼロ知識証明を用いることで匿名性を高めたのが最大の特徴でしょう。しかしこれを高く保つためには大量のデータ処理が必要となり、取引が増えた時に問題が起こるとも言われています。スケーラビリティ問題を抱える仮想通貨は少なくありませんが、ZCASHについても避けて通れない問題になっています。

匿名性の高い通貨の傾向として規制によって、価格が左右されるという側面があることは広く知られています。政府や国の意向で利用者にとっての不利益が多くなることは、十分に考えられます。これは仮想通貨市場全体の動きに影響を与える情報でもあるため、十分な情報収集が欠かせません。開発側でも悪用については十分に考慮しているものの、それ以上に普通の人にとって価値あるものの開発が重要だと述べています。こうした姿勢は匿名性を保ちながら実用性を高め、利用者のニーズに応えるための意思表示として投資家にも評価されています。

2018年には安全性の確保とクオリティの強化、取引の暗号化のグレードアップなどが予定されています。これによって取引時間がさらに短縮されるほか、モバイル端末での利用も簡単にできるようになると言われているようです。2017年の急激な成長以降、大暴落と急騰を繰り返した仮想通貨市場全体は2018年初頭から下落傾向にあります。
ZCASHも例外ではなく、今すぐに公開直後のような高値を付けるのは難しいかもしれません。
ただし、将来性に期待できる材料は少なくないため、今後は値上がりが期待できる通貨であることも確かでしょう。プライバシー保護を優先したい企業での導入が進めば、取引開始時の価格を軽く超えると予測する専門家もいるようです。

匿名性の高い通貨は、その特徴がデメリットにもメリットにもなる両極性を持っています。大企業との提携という安心感はあるものの、政府の規制については最新の情報収集が必要でしょう。

坂本よしたかのメルマガにご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です