坂本よしたか徹底解剖ビットコイン価格操作?

ビットコインは価格操作されているのか?坂本よしたかが徹底解剖

坂本よしたかです。現在、仮想通貨の時価総額一番に君臨するビットコイン。
ビットコインの歴史においてここ数ヶ月の動きを観察するのは非常に興味深いことだった。皆さんも日々ビットコインのチャートは経過観察していますでしょうか。

現在の時価総額ランキングを知りたい方はこちら

昨年11月から現在に到るまでビットコインは価格上昇して8000ドルとなりさらに2万ドルに向かい、現在では元の位置である8000ドルの位置へと戻って来ている。

11月にビットコインが8000ドルを越える画期的な動きを見せ人々が喜び溢れた時期から、現在はそれを割ろうとしている事実に対して釈然自失としている時期まで見ていると、トレーダーの自信が大きく異なって見えることがわかる。

しかし、内情を知るトレーダーはそこまで価格変動を気にはしていない。また、よくあるビットコインの価格変動にも苛立っていない。何人かはチャートから遠ざかり、より広い構図でビットコインを見た場合、現在の価格はいまだに大変ポジティブな状態にあると説明されています。

このビットコインですが価格が8000ドルから1万ドルの間に抑え続けられている根本的な原因は市場価格操作によるものだと指摘している者もいます。

ビットコインの価格への市場操作の懸念が持たれる理由として、多くの投資家がビットコインに市場参入したのが2万ドル前後をさまよっていた頃だったと挙げられる。この当時ビットコインの誇大な広告や採用が盛んに大規模に行われていて、昨年11月にはコインベースが24時間で10万人ユーザーを増やすと豪語したこともあった。

そのような状態からも価格の上昇は前例のない珍しいことで、現在のビットコインの価格は単に自らの範囲に戻っただけと説明がつく。

即ち、現在の価格は本質的な価格を意味すると言うことだが、ビットコインの本質的な価格を判断するためには今後も外部流入の具合を時事ニュースをみて期待度で判断する他ない。

と言っても方向的にはポジティブな市場であるから期待できるコインに分散投資しておくべきと言うのが私の考えだ。

今回の記事は以上になります。

仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です