情報強者が知るべきOmiseGoとは?坂本よしたかが教えます

こんにちは!坂本よしたかです。

OmiseGoをご存知でしょうか?
情報強者を目指すならOmiseGoは知らなければならないコインですので、坂本よしたかがご説明させていただきます。

日本人が開発に関わり2017年に取引が開始されたOmiseGoは、銀行代わりに使える仮想通貨として作られました。
主に東南アジアをサービスエリアとしていますが、今後は世界的な決済手段になることが期待されるコインでもあります。

OmiseGoはイーサリアムのブロックチェーンを基にした決済プラットフォームで、スマホでの送金や決済が手軽に行えます。
タイで設立された企業が開発し、現在はインドネシアとシンガポールにも拠点を置いています。
さらにベトナムやミャンマーなどへの事業拡大も視野に入れており、東南アジア地域で一般的な決済手段になる日も近いでしょう。
日本では考えられませんが、こうした地域では銀行口座を持てない層が一定数存在します。
しかしスマホの普及率は極めて高く、それに目を付けたのがOmiseGoとも言えます。
銀行を介さず送金できるのはもちろん、貯金することもできるため、通貨であり銀行でもあるということです。

日本国内の銀行も、OmiseGoには注目しており提携を進めています。
またタイの金融庁から支持されていることもあり、信頼度がかなり高いことは確実です。
日系企業の進出も多い東南アジア地域での認知度が高いことからも、将来の展望は明るいと言えそうです。
しかし東南アジアを主な市場にすることでの問題点も、少なくありません。
国によって地域によってインフラ整備が十分ではなく、仮想通貨に対応するよりもそちらが優先される可能性もあります。
さらにイーサリアムを元にしているという点で、スケーラビリティ問題を抱えているのも事実です。
これらの解決策を早急に見つけることが、普及の鍵とも言えます。

将来的な成長が見込めるかどうかは、市場をどれだけ広げられるかにかかっているでしょう。
この点では、日本の取引所への上場の噂もあるため将来性は高そうです。
またタイ政府機関との連携も行っているので他のアルトコインよりも信頼性が高いのも間違いありません。
2018年にはDEXの構築を目指しており、取引所の破綻といった問題に悩まされることもなくなりそうです。
決済サービスを利用する人にとって、分散型取引所の構築は大きなメリットとなります。
正式な日程が発表されれば、OmiseGoの価格が急騰することも十分に考えらる坂本よしたかは思っています。

アップデートなどの詳細は、公式ホームページで随時更新されています。
将来性が見込める通貨の一つなので、情報収集を欠かさないようお勧めします。

将来性の高いコインに投資していくことこそが億万長者になるための近道です。

情報強者になりたい方はメルマガ登録よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です