坂本よしたか【モナコインの可能性】

こんにちは!坂本よしたかです。
日本発の仮想通貨モナコインが誕生したのは2014年、5ちゃんねるのチャットが発端です。2018年初頭時点では200倍以上という急成長を遂げましたが、今後の動向はどうなっていくのでしょうか。

2017年は多くの仮想通貨が高騰しましたが、モナコインも例外ではありませんでした。その後何度も下落と急騰を繰り返しているのも、市場の動向に倣った動きです。そもそもネット掲示板のチャットを元にノリで作られたコインでもあり、技術的に目だった特徴はありません。基本的にはライトコインと同じシステムであり、発展性や応用力については疑問が残ります。ただし発行枚数が1億枚以上と膨大なため、流通量が増えれば時価総額が上がる可能性は考えられます。

モナコインの将来性は、サービスに支払われる通貨としてどれだけ普及するかにかかっています。この点では、他の仮想通貨よりモナコインが優位に立っていると言えるでしょう。デジタルコンテンツの売買やSNS上の投げ銭で通貨として使えるところは、既にいくつかあります。法定通貨と同じように使うという意味では、有望なコインであるとも言えます。決済スピードや手数料の安さでは、ビットコインより優れた点も多いライトコインベースだけに実用性も高いでしょう。ネットコンテンツを始めとしたサービスでの利用が、動向にも影響を与えると考えて良さそうです。

発展性などの面で不安は残るものの、コミュニティの強さはモナコインの成長要因となります。ライトコインではなく、あえてモナコインを購入するコアなファンが関連サービスの開発にも一役買っています。個人投資家が自腹で広告を作成するほどファンが多い通貨は、他に類を見ないでしょう。専門家の間では流通量が少なく実用性の低いコインは、今後数年で淘汰されていくと言われています。マイナーと呼ばれるアルトコインは、実用性を高めることが何よりも重要です。開発者ではなくコミュニティが先導して実用性を高めている点から見て、モナコインの長期的な成長には期待できそうです。とはいえ、仮想通貨関連のニュースに価格が左右されるという点は変わりません。市場全体の情報収集も怠らないようにしましょう。

ユーザーが先導する珍しいタイプの仮想通貨モナコインは、投機対象というよりも実用面での成長が見込まれる通貨です。ベースになっているライトコイン自体の技術が優れているという点が認知されれば、さらに価格を上げる可能性もありそうです。

モナコインの可能性をもっと知りたい方は坂本よしたかのメルマガにご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です