坂本よしたか【Dashの可能性】

Dashは匿名性の高さで知られる仮想通貨ですが、2014年の公開当初はDarkcoinという名前でした。ビットコインにはない承認スピードの早さが最大の特徴でもあり、時価総額の高さにも投資家の期待が反映されています。

アルトコインの一つであるDashは、時価総額ランキング10位前後に位置する通貨です。匿名性の高さを売りにするコインの中でも特に人気があり、一時は5位以内に入っていたこともあるほどです。第三者は送金者が誰かを特定することはできず、X11という暗号技術によって高いセキュリティ対策も取られています。安全性が何よりも肝心な仮想通貨取引においてDashが支持されるのは、こうした技術が使われているからです。また、公開時はマイニング機材の開発が難しいと言われており、独占を避けることにも成功していました。

2017年末には一気に5倍の価格になりましたが、2018年に入ってからの価格は市場の動きと同じく下落傾向です。しかしDash自体に問題があっての下落ではないため、特別視すべき下落とは言えません。とはいえ、匿名性の高さというメリットが逆にデメリットになる可能性は捨てきれないでしょう。ユーザーにとって安全に使える通貨である反面、マネーロンダリングの温床になることも考えられるからです。そのため、各国政府からの規制対象になりやすく、新たな規制によって価格が大幅に変動することもあります。こうしたニュースについては、常に情報収集しておくことが大事です。

Dashの将来性、価格に大きく関係すると言われているのがDASH Evolutionのリリースです。誰でも簡単に使える仮想通貨を目指して開発されるもので、決済通貨としての利便性も高めています。個人消費者間での決済にも利用できるウォレットは、一般に普及させるための最大の武器になるでしょう。バージョン1のリリース後、さらなる機能の実装予定もあるため一層利便性が高まることも期待できます。コミュニティも活発に活動しているため、ユーザーの増加にも大きな期待が寄せられています。国内の取引所で購入できるのは1カ所のみですが、海外取引所では取り扱いも多いので購入も難しくありません。世界的な共通通貨になるとする専門家も多いだけに、持っていて損はないと言えるでしょう。

実用性の高さを考慮すれば、Dashは非常に有望なコインです。
投資対象として考えておいても良いのではないでしょうか。

Dashについてもっと知りたい方は坂本よしたかメルマガへ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です