EOSいきなり高騰をした理由

こんにちは!坂本よしたかです。
EOSという仮想通貨に注目が集まっています。もともと高い評価を得ていたのですが、2018年の初頭から価格が急騰したのです。そこでEOSや、価格が高騰した理由について考えてみましょう。

そもそもEOSとは、どんな仮想通貨なのかから解説します。
EOSは2017年の6月にICOがはじまりました。
開始から18時間という短期間で、16億円もの資金を集めたことで、注目を集めた経緯があります。
EOSの特徴は、トークンに価格価値がないと明言している点でしょう。
一般的な仮想通貨では、トークンに価値を持たせることで担保にし、資金を調達しています。
一見すると、EOSに資金が集まるのはおかしいように感じるかもしれません。
では、なぜEOSは資金調達に成功したのかというと、分散型アプリケーションのプラットフォーム開発に、注力しているからです。
EOSは飽くまでもプラットフォームを開発し、提供するだけになります。
ただし、EOSのプラットフォームを使ったアプリケーションで流通するトークンを入手するには、EOSのトークンが必要になるのです。
つまり、EOSのトークンに価値がなくとも、新しいトークンを入手するには必要になるので需要が落ちることはありません。
そうした新しい形であることに、EOSの価値があると言ってもいいでしょう。

2018年のEOSの高騰には、韓国での人気が影響しています。
2017年から韓国ではICOの取引を禁止するなど、仮想通貨の取引については規制をはじめていました。
そして、動向が注目されていたのが、韓国の司法省による暗号通貨取引禁止法だったのです。
この法律は2018年の初頭に却下されました。
よって、韓国のユーザーから仮想通貨への期待が高まったと言ってもいいでしょう。
そこで年始から韓国で人気のあった仮想通貨の価格が、軒のみ大幅に上昇しています。
その1つがEOSなのです。
EOSは今後も注目しておきたい仮想通貨の1つでしょう。
ただし、その価値は今後どのようなアプリケーションが開発されるのかで大きく変わります。
EOSのトークンそのものには価値がないので、サードパーティー次第だと言ってもいいでしょう。
ただ、トランザクションが優秀で、手数料も無料というメリットがあります。
日本の取引所では取扱がないので、海外の取引所から購入するしか方法はありません。
その点は注意しておきましょう。

EOSの価格が高騰しました。
もともと高い評価を得ていた仮想通貨ですが、韓国における規制が一歩ゆるんだのが、大きな影響を与えたようです。
日本でも今後注目される通貨の1つではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です