大手海外取引所BITMEXのメリットデメリット

こんにちは!坂本よしたかです。

BitMEXは海外にある取引所の1つです。
国内の取引所では取扱通貨が少ないため、海外の取引所に興味を持つ人は少なくありません。

そこで坂本よしたかと一緒にBitMEXのメリットやデメリットを見ていきましょう。

BitMEXは香港にある仮想通貨の取引所です。
設立されたのは2014年で、7種類の通貨を取引できます。
手数料が比較的に安価、国内の取引所とは違ってレバレッジが100倍までかけられるのがポイントでしょう。
他の日本国内の取引所では最大25倍程度におさまっていますから、大きな取引をしたい人によっては魅力だと言えます。
ちなみに、海外の取引所ではありますが、日本語に対応しているのもポイントです。
またレバレッジ取引において追証がないというのも、嬉しいポイントではないでしょうか。

BitMEXを利用するメリットは、やはりレバレッジ取引のしやすさです。
海外の取引所と比較をしても、かなり高めの設定になっています。
取引するコインによって、最大レバレッジの倍数は変わってきますが、最低でも100倍と大きめです。
レバレッジが大きくなれば、リスクも大きくなります。
その時に注意したいのが追証でしょう。
他の取引所では、相場の急激な動きによってマイナス分の資金を補充しないといけません。
それが追証と呼ばれるもので、資金の補充がなければ取引ができなくなります。
しかし、BitMEXではゼロカットシステムを導入していて、口座に入っている資金よりもマイナスになりません。
資金がマイナスにならないので、レバレッジ取引の魅力を十分に引き出せるでしょう。

反対にデメリットも紹介していきます。
まず大きいデメリットは、日本円の入金ができないことです。
BitMEXでは法廷通貨を使った取引ができないので、他の取引所から仮想通貨を購入して、送金しなければいけません。
一手間かかってしまうので、急に取引をしたい時には不便な思いをするでしょう。
もう1つのデメリットになるのが、両建てできないことです。
両建てとは、売りと買いの両方を同時に持つ取引方法になります。
BitMEXでは両建てができないので、投資手法が限られてしまうのです。
1日1回しか出金できないもポイントです。
日本時間にすると21時までで、この時間を過ぎて出金依頼をしても、翌日まで待たされます。
セキュリティが厳しいとも言えるので、ある意味ではメリットかもしれません。
反面で、好きな時に出金できないのはデメリットでしょう。

BitMEXのメリットとデメリットを紹介しました。
メリットはレバレッジ取引がしやすくなっている点と、日本語対応している点でしょう。
デメリットとしては、日本円での入金ができない、出金のタイミングが限られるのが問題です。

坂本よしたかメルマガにご登録お願いいたします。
仮想通貨最新情報を集める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です