テザーからXRP(リップル)への資金流入が活性化

新年あけましておめでとうございます!坂本よしたかです。

仮想通貨において、投資の避難先として人気だったのがテザーです。 このテザーを保有する人はビットコインへの投資を主に行っていましたが、2018年末になってリップルへの投資に切り替える人が増えています。 このテザーからリップルへの資金流入が、なぜ起こっているのかを坂本よしたかと一緒に考えてみましょう。

そもそも仮想通貨の相場は、乱高下するものです。 ただ、一度下落相場になると、明るいニュースがでるまで戻らないケースも少なくありません。 こうした時に資金の避難先になるのが、テザーです。 テザーとは、テザー社が発行する仮想通貨になります。 その特徴は、1テザーは1米ドルの価値がほぼ担保されることです。 こうした仮想通貨をペッグ通貨と呼びます。 相場の動きをチャートで見てみると、ほぼ一直線の横ばい状態になっているのですが、これは1米ドルとほぼ同じ価値を担保されているからです。 このテザーを持っているだけでは、投資にならず利益を出すことはできません。

しかし、相場が下落している時でも、テザーにしておけば価値を減らすことがありません。 そのため避難先として選ばれているのです。 再び、相場が上昇傾向になれば投資に回す、という形になります。

仮想通貨の投資先として、最も選ばれていたのがビットコインです。
そのためテザーから、ビットコインへの資金流入がとても多かったのも事実になります。
その資金の流出先が、リップルへと変わったというのが今回の話です。
リップルの公式チャートを見ると、どこの取引所からどんな取引がされているのか、を誰でも確認できます。
そのチャートを確認すると、リップルへの資金流入が目立つようになったのです。
なぜここにきてリップルへ資金流入が行われたのか、その原因はテザー問題にあると予測されます。
テザー問題とは、裏付けとなる資金が本当に存在するのか、です。
先にもお伝えしたように、テザー社が発行する仮想通貨であり、いつでも米ドルとの交換ができます。
逆を言えば、交換することで発行される通貨なのですが、本当に交換しているのかが、第三者からは確認ができないのです。
つまり交換したということにしておけば、テザー社は無限に仮想通貨を発行できる可能性があるのです。
そして2018年の11月頃からこの疑惑が持ち上がってきました。
なぜならテザーが大量発行されると、ビットコインの価格が上がるという現象が見られたからです。
つまりこの疑念が広がると1ドルの価値担保が、できなくなる可能性も浮上してきます。
結果、テザーの価値がなくなる前に、好調であるリップルへと資金が流入したのでは、と推測されるのです。

テザーからリップルへの、資金流入が目立つようになりました。
この動きの背景にはテザー問題があり、この疑念が解消されないことには、動きは止まらないのではと考えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です