2019年はブロックチェーン技術が「日常化」する

こんにちは!坂本よしたかです。
仮想通貨にはブロックチェーンと呼ばれる技術が用いられており、取引に関する情報が処理されています。
ある科学技術雑誌が2019年はその技術が日常化すると発表し、本格的な取り組みが報告されているのです。
取り組みが本格化して世界中に広まれば、ブロックチェーン技術が身近なものになるでしょう。

ブロックチェーン業界はテクノロジーの発展が著しく、市場の雰囲気が変化していると言われています。
2018年は仮想通貨市場の弱気が問題視され、ブロックチェーン技術に対して期待を持てなかった人もいたかもしれません。
しかし2019年は技術に対する需要が高まり、投資家たちに希望を与えるかもしれないのです。

上記の科学技術雑誌はアメリカの大企業などが新たに市場に参加し、ブロックチェーン技術の普及が広まるとしています。
普及が広まることで仮想通貨以外の市場でも需要が高まり、必要性を感じる人の数が増える可能性もあるでしょう。

たとえばアメリカの大手スーパーマーケットは、ブロックチェーン技術を用いた食料トラッカーの開発を行っています。
2019年9月までにプラットフォームに参加することを、農家に促しています。
またヨーロッパ最大の食料品企業も、同じ技術を採用することを発表しています。

食料トラッカーの開発と普及が進めば、食品に関わる業者や消費者たちにとってメリットがあるでしょう。
鶏肉や野菜などの食品は農場から店舗へと移動する間に、品質が落ちてしまう場合もあります。
また病原性のサルモネラ菌などが発生すれば、食中毒の原因になるかもしれません。
食品の管理や追跡が徹底されれば、食中毒を予防できる可能性もあるのです。

ブロックチェーン技術は仮想通貨や食品だけではなく、宅配サービスの分野でも役に立つかもしれません。
取り扱う荷物の管理が徹底されれば、紛失や破損などのトラブルを予防できるのではないでしょうか。
業者としてもサービスの質の高さが評価されれば、新たに利用する顧客の数が増える可能性もあります。

様々な事情により低迷している業界が新たにブロックチェーン技術を活用すれば、市場にも良い流れが生まれるのではないでしょうか。

ブロックチェーン技術とはあまり関係のない業界が導入に積極的になることで、他の業界も刺激を受けるかもしれません。
2019年にどれだけ普及するかはわかりませんが、将来的には一般の日常生活にまで影響を及ぼす可能性もあるでしょう。

坂本よしたか

坂本よしたかの仮想通貨情報はメルマガへ

仮想通貨最新情報を集める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です