2019年の仮想通貨市場の行く末

こんにちは!坂本よしたかです。
2018年の仮想通貨市場は全体的に弱気であり、日本国内では大規模な流出事件が発生しました。
セキュリティー脆弱性が問題視されたこともあり、仮想通貨に対してネガティブなイメージが広まってしまったかもしれません。
では2019年の仮想通貨市場の行く末は、どのようになるのでしょうか。

2018年から続いている弱気市場は、2019年末まで続くかもしれません。
中国で有名な仮想通貨の億万長者が、メッセンジャーアプリを通して見解を示したことがあります。
仮想通貨の冬は2019年も続き、春の訪れは2020年になるとのことです。

この見解が正しいものだとすれば、仮想通貨の投資家たちは長い冬を越さなければならないことになります。
だたでさえ2018年の弱気市場の影響が残っている状況で、2019年を生き抜くことは過酷かもしれません。

しかし見解はただ否定的な内容ではなく、メジャーコインを積極的に購入することをおすすめしています。
弱気市場が続くだけではなく、多くの企業やプロジェクトが消滅する可能性があります。
それは新しい有望なプロジェクトが出現するチャンスでもあり、投資家が活躍できるのではという考えです。

つまり2019年の仮想通貨市場は、最悪でも最高という矛盾した展開を迎えるかもしれません。

2019年の仮想通貨市場の行く末を予測するのは、中国の億万長者だけではありません。
アメリカの大手仮想通貨取引所のCEOが、あるインタビューに答えました。
彼はインタビューの中で、この3年間でメジャーコインの価格が大きく伸びるかもしれないと語っています。

そう考えられる理由はシンプルで、実需が市場においての価値判断となり現在は価格と実需にギャップがあるとのことです。
知名度のあるメジャーコインはマイナーコインとは異なり、ある程度の実需を見込むことができます。
価格が実需に対して比例するように変動すれば、おのずと価格が伸びるのではという考えです。

実はメジャーコインに対しては、他の投資家たちも高く評価しています。
2019年の四半期になると成長期が訪れ、急騰する可能性があるようです。
ネガティブな意見がある中、ポジティブな意見もあるのです。

2019年の仮想通貨市場の行く末ですが、冬の期間は長くても案外明るいものかもしれません。
多数の投資家が予測する春が訪れることを想定し、今のうちからメジャーコインを積極的に購入してみてはいかがでしょうか。

坂本よしたかLINE@はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です