2019年仮想通貨投資で注意するべきこと

こんにちは!坂本よしたかです。
2019年に仮想通貨投資を考えている人は、注意しなければなりません。
仮想通貨市場は2018年ごろから弱気と言われており、年が変わってもその影響が完全になくなったわけではないためです。
投資を失敗して苦い思い出を作りたくないのであれば、注意すべきことを理解しておいてください。

2019年の仮想通貨市場では、回復しているかどうかをチェックすることが注意点となるでしょう。
弱気市場の中にもチャンスはありますが、無計画に投資をしても失敗してしまう可能性があります。

2018年の仮想通貨市場では、色々なことがありました。
まず1月には日本国内の取引所がハッキング被害に遭い、約580億円の損失が発生しました。
大規模な不正流出事故として当時は大々的に報道され、その影響もあってか被害を受けた銘柄が一時的に下落したのです。
同様に海外の取引所がハッキング被害に遭う事件も発生し、セキュリティ面が疑問視されるようになりました。

このようなネガティブな事件が発生したことで、市場の流動性が失われたと言われています。
2019年に入り、そこからどの程度回復したかを投資家がチェックする必要があるでしょう。

仮想通貨には1,000種類以上の銘柄があり、取引所も国内外に多数存在します。
地域によって人気差が見られるため、すべての仮想通貨が回復しているとは言い難いでしょう。

たとえば日本国内で投資をするのであれば、国内で取引高や人気が回復しているかどうかをチェックしてください。
一度流出事故を起こした銘柄であれば、事故後にどの程度回復したかを判断するのです。
取引所が公開しているデータを参考にして、今現在購入しても問題なさそうであれば試しに投資してみてはいかがでしょうか。

また取引は自己責任で行うことが前提です。
日本では銀行が倒産してしまった場合、ペイオフという制度により最大で1,000万円の保証があります。
しかし仮想通貨ではこのような法整備が追いついておらず、自分の資産は自分で守らなければなりません。

補てんが行われる場合もありますが、トラブルに巻き込まれないように注意してください。
セキュリティ性の低い銘柄には、手を出さないようにしましょう。

2019年の仮想通貨投資では、2018年のデータとの比較が重要です。
回復していないようであれば、無理をして投資を行う必要はないでしょう。
セキュリティ面に不安がある場合、ハッキング対策となる暗号通貨などを検討してみてください。

坂本よしたかLINE@はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です