イーサリアムってなに?

坂本よしたかです。

イーサリアムとは、ご存知かと思いますがビットコインと並ぶとも言われるほど仮想通貨の中では有名なコインです。

ビットコインが価格操作が行われているのではないかという噂もあり、実用性としてはビットコイン以上のイーサリアムがどんどん注目されてきていますね。

ここでは他の仮想通貨とどんな違いがあるのか、将来性のある仮想通貨なのかなどイーサリアムについて徹底解説します。

仮想通貨の名前だと思われているイーサリアムですが、実際にはプラットフォームを含めたプロジェクトの名称です。

このプロジェクトで用いられている仮想通貨のことは、イーサと呼びます。

2013年にまだ10代だったロシア人青年が開発したイーサリアムは、ビットコインに次ぐ時価総額を誇ります。

日本で取引が開始されたのは2015年頃ですが2017年に価格が急騰し、一躍仮想通貨の代表格と呼ばれるほどに成長しました。

この時期、仮想通貨市場全体が値を上げますがイーサリアムが注目を集めたのは独自性の高いプラットフォームのおかげです。

イーサリアムの最大の特徴と言えるのが、契約をプログラム化し自動的に実行させるスマートコントラクトです。

スマートコントラクトの概念自体は以前からありましたが、それをブロックチェーンで行うことによって決済などが便利になります。

取引の不正防止や決済期間の短縮、送金などのコスト削減にも役立ちます。

様々な契約に対してスマートコントラクトが実行できれば、全ての取引が円滑に行われることは確実です。

これは消費者にとっても、サービスや品物を提供する側にとっても大きなメリットになり得ます。

イーサリアムは単に法定通貨の代わりになるだけでなく、契約そのものと言っても良いでしょう。

発行上限数に制限があるビットコインと違い、イーサリアムは現時点で上限が定められていません。

それが懸念材料とも言われますが、ICOで利用されることも多いため急速に需要がなくなる心配はなさそうです。

また、イーサリアムの開発は現在も継続して行われており、今後もさらに使いやすくなると予想されます。

取引を記録するブロックの生成時間が15秒前後と実用性に優れているのも、イーサリアムのメリットの一つです。

国内の取引所で簡単に売買できることから、投資対象としての魅力もあります。

これからの開発次第では、今よりもさらに値を上げることが予想される仮想通貨の一つと言われており将来性も高そうです。

イーサリアムはスマートコントラクトという仕組みが基軸になったプロジェクトです。

確実でコストのかからない取引方法とそれに使われる通貨として、イーサリアムがさらに活用される場面も増えるでしょう。

さらにこのイーサリアムをベースとして様々なICOが展開されています。

インサイダー情報になりますがイーサリアムベースのアプリケーションdappsに関連あるICO案件は爆上げの可能性が高いと耳にします。

一つの情報としてくださいね。

今回の記事は以上になります。

仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのLINEに登録へ
↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です