仮想通貨ICO Wowooを徹底解剖。今後の将来性について解説

仮想通貨ICO Wowooを徹底解剖。今後の将来性について解説

坂本よしたかです。今回はWowooについてお話しします。話題沸騰したICO案件なので耳にした方も少なくないのではないでしょうか?

ではWowooの内容自体分かってない方も多いので徹底解説していきますね!では早速内容に入りましょう。よろしくお願いします。

Wowooのホワイトペーパーはご覧になりましたでしょうか。

詳細の内容はこちらをご覧ください。
Wowoo WWBホワイトペーパー

”Wowooの仕組み”
Wowooは、コアサービスとしてWowoo Platform、エコシステムをサポートする独自の暗号資産としてWowoo Token、コンピュータインフラストラクチャとしてWowoo Systemで構成された仮想エコシステムです。Wowooプラットフォームは、仮想的なサービス基盤であり、感動的なコンテンツに価値を創造するように設計されています。プラットフォームのWowersとWoweesは、暗号資産とWowooトークンの形式で感謝の意を表すことができます。

WowooシステムはWowoo Tokenの生成を管理し、Wowoo Platformの関連する製品とそのユーザーを含む複数の機能を制御します。このシステムは、一連のWowBitを含むすべてのWowooトークンを生成します。

”Wowooのメリット”
Wowooプラットフォームは、仮想的なサービス基盤として設計されており、感動的なイベントに価値をもたらすことができます。サービス基盤は、NEOのプラットフォーム上に構築され、スマートな経済を加速し、サービスが使用される各コミュニティ内で迅速かつ安全な取引を獲得します。

Wowee(ウィー)は、彼が持っているトラブルについて相談したいが、彼は適切なカウンセラーを持っていないし、彼の周りの彼の友人は助けていない可能性があります。しかし、彼はQ&Aサイトで必要な答えを見つけることができました。
Woweeの質問に対する最良の答えを提供したWower(Wer)は、彼の仕事の一部としてではなく、ボランティアベースで質問に答えました。
WoweeはWowerに感謝の気持ちを伝えたいと思っていましたが、少額のチップを送ろうと思っていましたが、送金費用が高いために諦めました。

また、日経新聞でも取り上げられましたよね。

それがこちらです。→ 【オウケイウェイヴ、子会社を通じ海外ICOプラットフォーム事業会社「Wowoo Pte.」に出資 】

国内最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」をご存知の方は多いでしょう。
その運営会社である株式会社オウケイウェイブは、海外子会社のOKfinc LTD. を通じて、Wowoo Pte.に出資(出資比率19%)をしました。

OKfinc LTD. はフィンテックに特化した子会社で、事業推進におけるコア技術の中でも、特にブロックチェーン技術に対する投資として、ICO市場に目をつけ、今回の出資に至りました。
Wowoo(ワォー)が目指しているのは、ICOプラットフォームです。

簡単に言えばICOを行いたい企業・プロジェクトがWowoo(ワォー)を通すことで、手っ取り早くICOによる資金調達ができるということです。

そして重要なことは、Wowoo(ワォー)の最初のクライアントがオウケイウェイヴ社になる予定であることでしょう。

つまり、プラットフォームとして本格的に稼働する前に、大規模なクライアントを囲い込めているので、投資家にとっても安心材料になります。

また、公式サイトにロジャー・バー氏が掲載されています。彼が絶賛しているということで話題沸騰しています。

“「私は、Wowooの提供するサービスにとても感激しています。
なぜなら、「OKWAVE」がQ&Aによる助け合いで人々をつなげてきたように、これからは、仮想通貨(クリプトカレンシー)やICO(イニシャルコインオファー)が、かつてない方法で人々を一つにつなげ、世界をより良いものにしていくと信じているからです。Wowooが目指す、「感動の価値化」のICOソリューション、これは世界にとって素晴らしいものになるでしょう。ありがとうございます。」
引用:OKWAVE公式”

ここまでの勢いがありICOも即売り切れであったWowooは大きく期待して間違いないと坂本よしたかは考えています。

今後の動向も見逃せないですね!

今回の記事は以上になります。
仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です