坂本よしたか【ブロックチェーンの仕組み】

坂本よしたかです。
仮想通貨が仮想通貨たる理由はブロックチェーンにあります。
あまりにも基礎的なことなので、国内でも認知度が上がってきた仮想通貨に対して今更ブロックチェーンはなにと質問しにくいでしょう。
そこでブロックチェーンの仕組みについて、詳しく解説をしてみます。

端的にお伝えしますと、ブロックチェーンとは仮想通貨における台帳のことです。
台帳とは取引の記録が記載されている帳面になります。
この取引記録は誰にでも公開されていて、書き換えることができないのが特徴です。
ではどうして、ブロックチェーンという呼称が使われているのかについても見ていきましょう。
物理的な台帳のページにあたるのが、ブロックです。
一定期間内における取引の塊のことで、このブロックが1つ1つつながっているのでチェーンと呼びます。
特定の仮想通貨を持っていなくても、簡単なアカウントを作ることで誰でも使えるようになるのが特徴です。

ではどうやって、このブロックチェーンは運用されているのでしょうか。
仮想通貨は運営する機関がないことが特徴の1つなので、誰が処理をしているのかが重要です。
この答えは、ネットワークの参加者全員で負担していると考えてください。
参加者が利用しているパソコンから少しずつパワーを借りて、ブロックチェーン全体を運用しています。
中でも、ブロックチェーンを支えるためにパソコンのパワーを多くわけている人には報酬があるのです。
これをマイニングと呼びます。

ブロックチェーンは、改ざんがされないとお伝えしました。
正確には現状ではありえないほど高性能なパソコンを持ち寄れば、実現できると言って良いでしょう。
これがマイニングにおける51%攻撃と呼ばれるものなのですが、現実的にはありません。
パソコンを数でカバーして揃えることはできても、改ざんを行うメリットがないからです。
そもそも改ざんが行われるような状況になった場合、その仮想通貨の価値は急落します。
結果改ざんをしたところで旨みはなく、コストだけがかかるので行われないと考えて良いでしょう。
ちなみにブロックチェーンを支える1つが壊れたとしても、データやパワーは参加者全員で共有している状態ですから、全体が失われることはありません。
仮に何らかの方法で改ざんされたとしても、ブロックチェーン全体に対して行われなければ意味がないのです。

ブロックチェーンとは仮想通貨の根幹をなす技術です。
中央管理者がいて管理をするのではなく、ネットワーク参加者全員でデータを共有し、利用することで信頼を得ています。
分散して管理を行うことによって、不正がなく安全なデータ運営を行うことだと覚えておくと良いでしょう。

ブロックチェーンのように仮想通貨を守るために必要な知識もたくさんあります。よくわかっていない方は坂本よしたかのメルマガで勉強してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です