坂本よしたか【2018年進行中のICOとは?】

坂本よしたかです。
仮想通貨に投資をしている人たちの間で、注目を集めているのがICOです。
ICOは大きな利益を出せる可能性もありますが、その反面で良くない話も少なくありません。
そこで2018年に進行中のICOには、どんなものがあるのかをみていきましょう。

ICOは企業が資金調達などを目的として、新規仮想通貨であるトークンを発行する制度です。
様々なICOのプロジェクトが進行中であり、1つ1つを確認していくのは大変な作業になります。
そこで信頼できる1つの基準にTGEがあるのです。
TGEとはCTIAというスイスにある弁護士事務所が主導になって、情報の精査をクリアしたICOのことです。
根幹となるプロジェクトのアイデアだけではなく、資金の使用目的や仮想通貨の利用方法や法的な問題など多面的に情報の精査を行っています。
このTGEをクリアしたICOであれば、信頼できるものだと言っても過言ではありません。
ICOはハイリスク・ハイリターンの案件が多いので、できるだけ信用ができるものに投資するのが大切です。
ただし、安全度が高いということは多くの人から注目されていることでもあるので、一気に大きな利益を出すためには多額の資金が必要になる可能性もあります。

ちなみにICOは多くの人が注目するようになったことから、各国で規制や法整備が始まっているのも事実です。
SNSではICOに関する広告を禁止する方針をとっています。
広告が大きな収入源であるSNSにおいて、利益を失うことにつながってしまうのですが、ユーザーをリスクから守るためだと言えるでしょう。
事実SNSでは買いあおりといって多くの人に注目を集めるようにさせておいて、値段が上がったところで売り抜けるという投資をしている人も少なくありません。
また国としては欧州を中心としてICOに対する動きがポジティブなケースも増えてきています。
効果的なルール作りをするには国際的な協力が必要だとの考えから、積極的にワーキンググループなどを作っているそうです。

信頼性の高いICOとはしては、DAppsの開発プラットフォームの構築を目的としたものが多いです。
DAppsを用いて企業や個人が自由にアプリを開発するものや、特定の技術を持つ人だけでなく初心者でもアプリ開発ができるものなどが人になっています。
他にもブロックチェーンとAIの技術を用いて健康やウェルネス分野に特化したDAppsなども注目されているそうです。

2018年に進行中のICOには様々なものがあります。
数多くある中で信頼性が高いのは上述したTGEの精査をクリアしたものでしょう。
様々なICO案件がありますが、アプリや健康などに関わるものが人気になっています。

2018年ICOの情報を知りたい方は坂本よしたかのメルマガ登録へ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です