坂本よしたかが仮想通貨投資の上場トークン(ICO)について説く!

ico 仮想通貨 上場予定

こんにちは!坂本よしたかです。2018年3月現在仮想通貨取引バブル真っ只中です。昨日はSinglarXというウクライナの取引所でプロキシウスという仮想通貨が上場してICO段階より爆上がり致しました。仮想通貨取引で成功するために私は通常の取引所で購入するよりもICOでの購入をオススメしております。今回の記事ではそもそもICOとは一体どういうものなのかをまとめました。最後までお付き合い下さいませ。

・ICOとは?
Intial Coin Offeringの略です。クラウドセールやプレセール、トークンセールなどと呼ばれています。仮想通貨のICOとは上場前のコインの取引を差しますが、運営サイドではICOで資金調達することが目的になります。その資金の企画がホワイトペーパーと呼ばれる資料で公開されます。どのような用途・展望やスケジュール等はロードマップというもので示されます。

このICOですが発行者とトークン購入者にそれぞれメリットがあり、Win-Winの関係が成り立ちます。

・ICO発行者のメリット

発行するトークンを利用してブロックチェーン技術を用いてどのようなサービスを展開していくのかを明確に購入者に示す必要があります。当初このICOという言葉はこのブロックチェーンを使ったサービス開発資金としての意味に限ったものでしたが、現在では仮想通貨を発行してそれを利用したサービスと開発するという広い意味で用いられるようになりました。これによりブロックチェーンを利用したサービスや技術開発の資金調達としてICOが利用されているわけです。

・トークン購入者のメリット

何と言っても一番はその企画が成功して上場した暁にはICO段階より上場後は爆上げした単価となっているのが通例です。仮想通貨取引の中でICO取引を選択される方はこの上がりを狙って購入するようになっているわけです。

・仮想通貨取引の中でICO取引に起きている問題点とリスクについて

あくまでも投資は自己判断。私個人の意見を言えば無理な投資は避け、万が一があっても自分の中で許容できる範囲での投資を心がけるべきです。

このICO取引というのは性質上詐欺が起こり得る可能性は大いにあり、現に上場するはずもない空論を掲げているICOが数多く蔓延っているのも現状の問題点としてあります。

その中であなたが何をどう選択するかはあなた次第になっているわけですのでかなりの注意が必要になってきます。

この危機を拭うには大きく2つの方法があると言っても過言ではありません。

①有力者の情報のみ信じる。
②リテラシー(知識)をつける。

①にするならあなたは相当な信頼における人間を味方に付けねばなりません。
私をそれ思ってる方はご安心くださいね。他は知りません。

ですが、学びこそ人の進化の源でもあるということから私は②もオススメ致します。
だから①も②も両方あるのが最強です。
私は生徒たちには私の人脈を紹介し、リテラシーを付けてもらうために数多くのセミナーを開きその判断基準などを説いた上で優良な情報のみを選定して教えているという流れを組んでいるのです。

ですので、冒頭にも言いましたがICO取引をする際はしっかり情報に耳を傾けて、
かつ余裕資金で取り組む姿勢を持つようにしましょう。

以上坂本よしたかの思うICOについてのまとめ・リスクやメリットについてのお話でした。
今後も仮想通貨市場は爆上げですから今回の記事を繰り返し読み、リテラシーを付けていきましょうね!

今後とも坂本よしたかをよろしくお願いします。

仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です