new cross exchangeとは?

こんにちは!坂本よしたかです。new cross exchangeは、2018年11月に新しくできた仮想通貨取引所のことです。
ただ新しいだけではなく、他の仮想通貨取引所には見られない特徴があります。
new cross exchangeに見られる特徴、また利用できる機能などをまとめて紹介します。

まずnew cross exchangeには、独自のトークンが発行されているという特徴があります。
取引時に発生した手数料に応じて、トークンを受け取ることができます。
トークンを所有すると、new cross exchangeから収益を分配される権利が得られるのです。

保有シェアが高いほど強い影響力を持つこともでき、上場に投票する権利も得られます。
トークンを活かして投票システムを利用すれば、好きな銘柄を上場させることができるかもしれません。

3種類の収益配分プランが用意されていることも特徴で、トークンの機能にロックをかけられます。
ロック機能を利用すると自由な取引ができなくなりますが、配当額が増えるというメリットがあります。

トークンの保有者は設定を行わない状態でも、利益配当率20パーセントの分配対象となります。
それがロックを30日間に設定した場合は40パーセント、60日間の場合は60パーセントとなるのです。
最も長い期間である90日間を選んだ場合、80パーセントになります。

ロック期間は一度選択した後でも、より長いものに変更することが可能です。
ただし短くすることはできないため、ロック機能を利用する場合は事前に計画を立てておきましょう。

new cross exchangeは、IEOの支援にも力を入れています。
IEOとはプロジェクトのためにトークンを発行する資金調達の方法であり、仮想通貨取引所を利用してICOを行うことです。
プロジェクト成功のために多くの投資家が現れれば、資金が仮想通貨取引所に集められることになります。
設定した目標金額に達した場合、new cross exchangeで上場を果たせるシステムが採用されています。
IEOの支援が行われることにより、仮想通貨取引所が信用できるプロジェクトを選択するのです。

new cross exchangeの独自トークンを活かせば、積極的に取引を行うことで得られる配当利益により資産面で強くなるかもしれません。
またIEOの支援によりプロジェクトを抱える企業が積極的に市場に参入すれば、個人投資家の活躍の場が増える可能性もあります。

坂本よしたかLINE@はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です