アラブ首長国連邦(UAE)が米英、韓国を抜いてトークン資金調達で世界1位に

坂本よしたかです。仮想通貨の格付け会社であるコインスケジュールが、2019年の1月から4月までのトークン発売による資金調達量を発表しました。
この発表によると首位であったアメリカは陥落し、新たに1位を獲得したのがUAEになっています。
ここではこのニュースについて、詳しく見ていきましょう。

仮想通貨の魅力の1つが、ICOによる資金調達です。
過去には何億円の資金を短期間で集めたなどが話題になっていました。
そんなICOですが真っ当な活動をする団体だけではなく、詐欺の案件も多くなったことから、各国で規制が相次いでいたというのが現状です。
特に2018年ではICOの資金調達量が1位だったアメリカですが、詐欺が横行していたため監視、規制強化がなされたのです。
そのため今回の発表では7位と大きく順位を落としました。

そんなアメリカにとって変わって首位の座を獲得したのがUAEです。
2019年4月までのトークン販売による資金調達量ですが、全体の約25%に相当する額が動いています。
前年ではトップ10にも入っていなかったUAEが大躍進を遂げた理由は、政府が積極的にブロックチェーンを活用していく方針を打ち出したことにあるでしょう。
今回の発表から約1年前にあたる2018年の4月に、UAEことアラブ首長国連邦は1つの発表をしました。
首長国ブロックチェーン戦略2021というタイトルのもので、これは今後2年で政府取引の約半数をブロックチェーンのプラットフォームで実施するという内容になります。
政府が取引をする書類処理や、印刷物などをブロックチェーン技術を活用して、約半数をデジタル化するというものです。
この方針を実施することで、約30億ドルもの資金を節約できるとしています。

こうしたUAEの国家戦略と合致したのが、ボルトコインとGCBIBの2つです。
ボルトコインはUAE発の仮想通貨でマイニングと不動産への投資関連で注目を集め、約73億円のもの資金調達に成功しました。
GCBIBの方は仮想通貨を保有している人向けの銀行で、保険商品の開発とあわせて約156億円の資金調達をしています。
この2つのプロジェクトが成功したことによって、大きく資金調達の順位を上げることになりました。
政府そのものがここまで仮想通貨や、ブロックチェーン技術を戦略に取り入れることは珍しい話です。
そのため先進国の多くが規制に踏み切る中で、大胆な戦略をとったとも言えるでしょう。

コインスケジュールよって、2019年4月までのトークン発売による各国の資金調達量が発表されました。
それによると昨年1位だったアメリカが7位に交代し、変わって10位圏外から1位になったのがアラブ首長国連邦です。
この理由として大きいのが前者が規制強化に踏み切ったのに対し、政府が国家戦略として認めたことによって、UAEでは市場が活性化したと考えて良いでしょう。

坂本よしたかLINE@はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です