坂本よしたかオススメ仮想通貨アルボス


坂本よしたかです。仮想通貨に興味はあるが踏み出せないという人たちは、大きな事件の影響により安全性を懸念しているのではないでしょうか。
確かに日本国内でも2018年1月に不正流出事件が発生しており、当時の報道内容によると被害額は580億円にも及びます。
安全性の高い銘柄でなければ取引できないと考えている人には、アルボスをおすすめします。

アルボスにはクレジットカードの機能を利用できるという特徴がありますが、安全性を考えた対策もしっかりしているのです。

たとえばアルボスウォレットには、セーフボックスというシステムが実装されています。
仮想通貨に対して100パーセントの安全性を保証するためのものです。
もし第三者に盗まれてしまっても、保険会社がきちんと保障してくれるサービスでもあります。

また公式から公表されているプロジェクト関係者の経歴にも、安全性の高さがうかがえるのではないでしょうか。
カウンセラーとして2人のスタッフが携わっており、一般人でもその経歴をチェックできます。

そのうちの1人は都内の法律事務所に勤務する弁護士です。
アメリカの高校を卒業後日本国内の有名大学に進学し、アメリカの有名大学の客員研究員を務めるなど輝かしい経歴を持ちます。
所属事務所の公式ホームページ上のデータによれば、プライバシー評価や企業のガバナンスに関する活動も行っています。

もう1人はあるIT企業の代表取締役社長を務める男性で、インターネット誕生時より業界で活躍したという経歴を持ちます。
郵政省や有名な通信事業企業で顧問や相談役を歴任し、仮想通貨に対する理解も深いと言えるでしょう。

上記の2人はその経歴から、海外でも有名な人物と言えるのではないでしょうか。
そのような人物が携わっているため、アルボスという銘柄の存在がICO詐欺である心配はいらないでしょう。

ちなみにICOとは事業者側が発行したトークンと呼ばれる独自の暗号通貨を販売し、投資家たちから資金調達を行う方法です。
悪質な銘柄や取引所であればICOによる詐欺の可能性もありますが、アルボスはカウンセラーの経歴を一般公開しています。
もし重大な不正があればカウンセラーたちの名誉に関わるため、信頼しても良いのではないでしょうか。

事前に信頼できる銘柄を見極めて公開されている情報をチェックすることは、リスク回避の観点からも重要と言えるでしょう。
それを踏まえた上でアルボスに興味があるという人は、取引を始めてみてください。

坂本よしたかの仮想通貨情報はメルマガへ
仮想通貨最新情報を集める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です