衛星を使ったBTC瞬時決済がアジアでも可能に


こんにちは!坂本よしたかです。
仮想通貨の取引にはインターネット上のシステムが用いられますが、今後は決済のあり方が変わるかもしれません。
あるブロックチェーン技術企業が、アジア地域での衛星サービスについて発表を行いました。
アジア地域に住むBTCの投資家は、インターネットが不要な瞬時決済が可能となります。

取引のためにBTCを利用していた投資家には、拡張性に関して不満を持っていたという人もいたのではないでしょうか。
瞬時による決済ができず送金にかかる手数料も高いなどの問題は、他の銘柄にもあるかもしれません。
BTCの開発企業は拡張性問題を解決させるため、リキッドネットワークというサイドチェーンを発表したのです。

開発企業は2017年8月から、アフリカやヨーロッパなどで衛星サービスを開始していました。
それと同じものがアジア地域でも開始されることが発表されており、今後展開が広がる予定です。
メディアからのインタビューに対して、CEOもコメントを出しています。

コメント内容によると、このサービスによりインターネット環境が限られている人をサポートすることが目的とあります。
またBTCへのアクセス時に何かしらのトラブルが発生し、取引が行えない個人に向けられたサービスでもあります。

衛星サービスのインフラ構築に興味を持つ開発者の存在も明かされており、ライトニングネットワークというシステムの特徴も語られています。
ライトニングネットワークには、IPの匿名化が期待できるオニオンルーティングが使われています。
さらにオフチェーンネッティングというシステムも使われており、プライバシー性に優れていると言えるでしょう。
仮想通貨の取引時に匿名性とプライバシー性を重視する投資家には、ピッタリではないでしょうか。

衛星システムを介して瞬時に決済が行われ、手数料も抑えられています。
拡張性のある小額決済に特化したサービスであり、今まで市場に根付いていた取引の常識が変わるかもしれません。

衛星サービスを利用する場合、衛星放送受信アンテナを設置する必要があります。
パソコンのUSB機能を利用して接続させることで、自宅にいながらBTCデータのやり取りができるようになるのです。

何かしらの事情によりインターネット環境が不十分という場合でも、衛星サービスが利用できればBTC投資家としてデビューできるでしょう。
またBTCを毛嫌いしていたという人も、今回の発表により投資に前向きになれるかもしれません。

坂本よしたか

坂本よしたかの仮想通貨情報はメルマガへ

ショートコードショートコード